HOME»  パラリンピアン紹介

パラリンピアン紹介

ANAグループでは「努力と挑戦」をグループ行動指針に掲げています。
当社は、パラリンピックを目指す津川拓也選手を社員として採用し、会社一丸となって、仕事と競技活動の両面から応援しています。
2016年リオデジャネイロパラリンピックでは、障がい者競泳選手として100m背泳ぎ、200m個人メドレーに出場。

津川拓也、障がい者男子競泳選手

パラリンピック選手、津川拓也がANAの会社の前でガッツポーズをしている画像

プロフィール

名前 津川 拓也(つがわ たくや)
所属 大阪ドキュメントセンター
生年月日 1992年7月1日生まれ
出身地 大阪府

戦績

2012年8月 ロンドンパラリンピック 100m背泳ぎ 6位入賞
2013年8月 IPC世界選手権大会(カナダ・モントリオール) 100m背泳ぎ 7位入賞
2014年10月 アジアパラリンピック(韓国・インチョン) 100m背泳ぎ 銅メダル
2015年7月 IPC世界選手権大会(イギリス・グラスゴー)100m背泳ぎ6位入賞
2016年1月 INAS SWIMMING CHAMPIONSHIPS-ASIA(タイ) 200m背泳ぎ 金メダル
(INAS世界新)
2016年8月 ジャパンパラ水泳競技大会 100m背泳ぎ 金メダル、200m個人メドレー 銅メダル
2016年9月 リオデジャネイロパラリンピック 100m背泳ぎ 銅メダル

本人コメント

競技と仕事の両立を応援してくれる職場のメンバー

ANAウィングフェローズ・ヴイ王子株式会社には、日本オリンピック委員会就職支援「アスナビ」を通じて入社しました。大阪ドキュメントセンターの環境は素晴らしく、競技と仕事の両立を応援してくれています。日頃からみなさんに「がんばれ!」と応援してもらえる選手になりたいと思っています。リオデジャネイロオリンピックは、100m背泳ぎと200m個人メドレーに出場します。まずは、リオブラジル。2020年には東京大会がある。絶対に、行きます。

競技と仕事の両立を応援してくれる職場のメンバー

競技者として

津川選手が水しぶきをあげて泳いでいる画像

持ち前の実直さで厳しい練習に臨む

強化の時期は、朝夜の二部練習で約1万2000mの距離を泳ぐことも。中学生で世界の頂点を目指すと決めてから持ち前の実直さで厳しい練習に臨む。初めての国際大会(2009年アジアユースパラ競技大会)以降、数多くの経験を積んできた。毎日のメニューを書いた練習日記は、現在29冊目。独特の雰囲気の大会でもいつもの泳ぎをするために欠かせない。

会社員として

津川選手が会社でパソコンの前にて作業している画像

正確性が求められる業務をしっかり果たす

競技と同じ真剣さで、仕事に向かう。担当業務は、ANAグループが所有する航空機の膨大な整備資料をデータ化する業務。地道で正確性が求められる業務をしっかりと果たし、ANAグループの安全運航に貢献している。世界と戦うトップスイマーらしい、礼儀正しさ、真面目な姿勢、頑張る姿が、職場の仲間にも波及し、活気にあふれる大阪ドキュメントセンターは社内外から注目の的となっている。

大阪ドキュメントセンター 職場の仲間からの応援

3月の選考大会からずっと応援しています

  • 毎日の積み重ねがとても大事ですね。私も毎日の仕事を大事に進めていこうと津川さんの姿勢が目標になっています。
  • いつも礼儀正しく挨拶され仕事、水泳の練習と頑張っている姿にこちらも励まされます。
  • 毎日水泳の練習もして、仕事もきちんと確認しながらしていて本当にすごいと思います。