HOME»  社員紹介»  ユニフォームセンター 宮田法幸

2015年2月入社 ユニフォームセンター

入社のきっかけ

制度が充実していて自分の中で目標を立てやすい

ハローワークや求人サイトに登録し、障がい者枠の求人にこだわらず幅広く就職活動をしていました。ANAウィングフェローズ・ヴイ王子のことは、ハローワークの担当者の紹介で知りました。特例子会社、障がい者枠求人ということで、スキルアップが出来ないのでないかという懸念がありましたが、企業研究を進めていくと、どうもそうではなさそうだ、ということがわかってきました。スキルアップの仕組みや、管理職チャレンジ制度、ラインコーディネート職チャレンジ制度というチャレンジ制度もあり、自分の中で目標を立てやすいのではないかと感じて応募。ご縁があり入社に至りました。

入社してから担当してきた仕事

入社してから担当してきた仕事

丁寧なマニュアルと研修で仕事を覚えられる

ユニフォームセンターの業務は、「回収→たたみ→受付→クリーニング業者への引き渡し→クリーニング品の受領、検品→格納→お渡し」という流れをチームで進めていきます。入社してしばらくは、インストラクターから研修を受けます。入社して驚いたのは、業務マニュアルの丁寧さです。細部まで作り込まれていて、初めての方にもとてもわかりやすい内容だったからです。このマニュアルをもとに、しっかり、丁寧に研修が進んでいきます。

やりがいを感じる仕事も経験

貸与品管理システム変更や、新制服への変更など、貴重な時期を経験しました。今では、重要貸与品を取り扱うフライトオペレーションセンター(運航乗務員の貸与品を扱うカウンター)業務も任せていただけることになり、日々やりがいを感じています。また、イレギュラーが発生した場合、対応中は必死なのですが、無事に乗り越えると自信に繋がります。貸与品の取り扱いは、厳密にルール化されているのですが、目の前のお困りのお客様に対して、先輩社員と相談しながら、柔軟に最善の対応が出来たときは本当に嬉しいです。「ありがとう。」のひとことやご納得いただけた表情を見て、また次も頑張ろうと思うんです。また、通常業務の他にも、勤務実績の集計、会議の議事録作成、部署間を超えたプロジェクト(新入社員研修教材「ビジネスマナーブック」の作成)への参加、ANAグループ障がい者雇用に関わる行動規範「3万6千人のスタート」の職場推進担当など、様々な経験を積んでいるところです。

会社のここが好き!

風通しが良い職場

話しやすい、相談しやすい雰囲気があります。入社後にリズムをつかむのに少し時間がかかりましたが周囲の理解もあってリズムを作ることができ、働きやすい会社だな、と感じました。上司や先輩社員も話しかけやすいですし、どんなに小さな業務改善の意見でもすぐに運用ルールに反映されるので、風通しが良いと感じます。

朝礼風景

職場以外の自分について(趣味など)

社会人フットサルチームに参加

趣味でフットサルをしています。学生時代はサッカー部だったのですが、いまは社会人のフットサルチームに入り、試合に向けて、主に土日、勤務シフトが合えば平日も練習に参加しています。仕事も趣味もどちらも充実しているので、バランスが取れています。

応募者へのひとことメッセージ

チームワーク、オンオフの切り替えが大事!

思いやりがあってチームワークを大切に出来る方、やるときはやる、楽しむときは思いっ切り楽しむ!オンとオフを上手に切り替えられる方、一緒に働けたら嬉しいです!

応募者へのひとことメッセージ

事業内容はこちら