HOME»  社員紹介»  Universal Standard Survey事業部 古賀孔士

2015年04月入社 Universal Standard Survey事業部 古賀孔士

入社のきっかけ

自分の特性を生かして働きたい

障がいをハンディではなく価値ととらえ、障がいを生かせる会社を探していました。なかなか思いが通じる企業がなく、就職活動は難航しました。合同面接会では、働きやすそうな一般企業や、障がいに配慮したいくつかの特例子会社にも出会いました。しかし、どうしても成長できるフィールドが限られているイメージがあり、挑戦したい、という気持ちと合いませんでした。それでも、どんなに就職活動がうまくいかなくても、障がい者という括りではなく健常者と肩を並べてやりたい、という志望動機は変えませんでした。一時期、就職活動を休憩した時期もありました。そんな時、昔からの知り合いにこんな会社があるよ、と教えてもらったのがANAウィングフェローズ・ヴイ王子でした。ホームページを見ると今まで私が持っていた特例子会社のイメージを180°覆されました。経営理念やビジョン、コミットメント、社長のメッセージを見て、自分の特性を生かして、自分たちが出来ることをやっていく、この会社で働く自分の将来が見えました。内定をいただいたときは、最後まで志望動機を変えなくて本当によかったと心の底から思いました。

入社してから担当してきた仕事

入社してから担当してきた仕事

会社の全体像に触れ、仲間を実感。

最初の配属先は、業務部(現 働き方企画部)。ここは、総務、人事、経理などの会社を動かす原動力となる業務を行う部署です。データ入力、制度設計のための情報収集、官公庁へ提出する資料の作成・届出などを担当しました。年に1回行われる社員満足度調査の分析では、学校で学んだ知識を生かすことが出来ました。学校で学んだことが直結する仕事は多くはないかもしれませんが、私の場合はたまたま社会学部だったこともあり、社会調査についての知識がありました。アンケートの調査、分析、改善点の洗い出し、企画、というサイクルを回すことが出来ました。いちばん鍛えられ、今の自分の仕事への取り組み方のベースになったのが、マイナンバーの対応です。社内説明会を企画し、資料を作成。当日は実際に事業所を回り、私が説明をさせていただきました。また、ANAグループ各社の実務担当者会議にも出席する機会をいただきました。この仕事で学んだのは、人に伝えるための工夫、多数の関係者との日程調整の手順、マイナンバーのみならず社会保険や労務の基礎知識など多岐にわたります。でも、一番の収穫は会社の全体像に触れられたことです。事務所から一歩外へ出て、一人ひとりの顔を見ながら話したことで、この会社で働く仲間を実感することが出来ました。

ユニバーサルの視点を伝えるコンサルティング事業

入社後、ANAグループのサービスについてのヒアリング協力や、検証にも参加してきました。たとえば点字の機内ドリンクメニューの読みやすさなど、実際に取り入れていただいた意見もあります。そして、入社して約1年と半年後に、新規事業のUniversal Standard Survey事業部に異動になりました。私たちには、当事者ならではの経験、感性があります。これにANAのおもてなしの心を掛け合わせて、私たちが考えるユニバーサルの視点を伝えていくコンサルティング事業です。まだ事業を立ち上げたばかりですが、自分の経験や視点、感性を生かして提案、助言をしていきます。就職活動を休憩していたときには想像もつきませんでしたが、就職に対しての自分なりのこだわりを持っていたら運命の会社と出会い、入社時の想いが少しずつ形になってきていることを、日々実感しています。

会社のここが好き!

個性を生かして仕事ができる多様性

全部です。みんなが特性、個性を生かして力を発揮していて、多様性を感じます。年齢に関係なく、一緒にやっていく。思いをちゃんと受け止めて、実現することを約束してくれる。そんな人が集まっていると思います。一見とっつきにくい人でも話すと面白い、そんな人間の集まりです。この会社で実現したいことは、あえて決めていません。決めるとそこが限界になって可能性を狭めてしまう気がするので。本当は定年までに実現させたいことがあるのですが、いまは秘密です!

会社のここが好き!

職場以外の自分について(趣味など)

飛行機に乗り、余裕のある大人な旅を。

旅行好きです。もともと飛行機が大好きでよく見に行っていたのですが、学生時代に鉄道研究会に所属していました。その鉄道に乗るためだけに行くという旅が多く、目的地の滞在時間5分という過酷な旅が主でした。社会人になり、飛行機に乗り、現地の美味しいものを食べ、美味しい酒を飲むという余裕のある旅を楽しむようになりました。最近は、島巡りが好きで、八丈島、大島などの伊豆諸島に行っています。島にはのんびりした空気感、初めてなのになぜか感じる懐かしさ、という非日常があるんです。

応募者へのひとことメッセージ

夢を持っている人と一緒に働きたい

自分を成長させたい、なんか心にくすぶっているものがある、そんな方には面白い会社だと思います。安心して働けるし、挑戦も出来る。私は夢を持っている人と一緒に働きたいなと思っています。「こうなりたい。」というわかりやすい目標ではなく、もっと上のなにかを持つといいと思います。職場には、積極的な人、穏やかな人、いろんな人がいていいんです。もっと上へいける。自分の持ってるものを生かす仕事をする。同じような夢を持った人と一緒に何かをやっていきたい。夢のある人は簡単には挫けないし、挫けても立ち直ることが出来ます。夢があると前に進めるんです。だから、そんな方はぜひ門をたたいてほしいと思います。

応募者へのひとことメッセージ

事業内容はこちら