HOME»  社員紹介»  ANAマイレージクラブ サービスセンター 佐藤渉

2015年7月入社 ANAマイレージクラブ サービスセンター 佐藤渉

入社のきっかけ

全国どこへでも行くつもりで転職活動

新卒時は一般枠で就職活動をしていたのですが、なかなか思うように進まず、地元の旭川でアルバイトをしながら転職活動の資金をため、その機会をうかがっていました。ようやく資金がたまった頃、人材紹介会社へ登録し、全国どこへでもいくつもりで、転職活動を開始しました。転職活動では、交通費がかかりましたが、宿泊は兄や友人の好意に甘えさせてもらいました。新卒の時と違い、障がい者枠も含めて検討しました。また、自分の障がい特性上、立ち仕事は一生の仕事としては難しいと考えていたので、幅広く探していたところ、ANAウィングフェローズ・ヴイ王子への就職が決まりました。

入社してから担当してきた仕事

入社してから

部署を超えて、さまざまな仕事を

配属先は、ANAマイレージクラブサービスセンターでした。入社してまだ2年弱ですが、本当にいろんなことを経験させてもらっています。お客様情報の更新業務を担当後、業務班の担当となりました。業務班では、ANAマイレージクラブサービスセンターの業務が滞りなく円滑にかつ安全に進むよう全体調整を行っています。具体的には、60名弱の社員の勤務シフト調整、業務アサインの作成などです。一方で、ANAマイレージクラブサービスセンターに籍を置きながら、ANAグループグッドジョブサポートセンターやコンビニオペレーションセンターの新店舗オープンに向けた業務支援、ANA青島ファクトリーの名刺業務開始までのサポート、新卒学生との座談会への参加など、最初に担当した業務で教育担当もしていたので、そのときの経験が生かせています。

周囲とのコミュニケーションを心がけて

入社後にいちばん心掛けたのは、周囲とのコミュニケーションです。皆が様々な障がいがあることはわかっていましたが、障がいの有無に関係なく、ひとりひとりがどういう人なんだろう?、自分の言葉で相手を傷つけたりしないだろうか?と、過度に緊張していました。いまでは、同僚から「入社してしばらくガッチガチに緊張していたよね!!」とネタにされています。緊張が解けたのは、試用期間を終え、社員発令が出た頃です。その頃には、自分から話しかけることも自然に出来るようになり、地に足をついて仕事が出来る。わからないことを気軽に質問できる。自分の持てる能力を出せている、という実感がわいてきました。自分なりに、仕事に集中できる環境を整えることが出来たのだと思います。

会社のここが好き!

働きやすい制度が充実

働きやすいところが好きです。通院時短制度やフリーデザイン制度※1など障がい配慮の制度が充実しています。これは、働くうえでかなり大きなことだと思います。また、要望や提案を出しやすい風土があります。これは、提案すると反映されるという実績があるからだと思います。当社は中途採用も新卒採用も随時行っているので、新入社員の入社が定期的にあります。違う視点を持った新しい仲間が増えることで、様々な改善に繋がっていると思います。

※1 フリーデザイン制度:8時間×4日など数パターンから働き方をデザインできる制度。

会社のここが好き!

職場以外の自分について(趣味など)

趣味を探すことが趣味

これはいちばん悩ましい質問です。趣味を探すことが趣味です。岩手に遠出をしてみたり、兄や友人と釣りに行ってみたり、趣味を探す長い旅を続けています。

応募者へのひとことメッセージ

障がいをプラスに変え、仕事に集中できる環境

応募者の皆さんが一番気になることは、障がいに対する周囲の理解ではないでしょうか。余計な心配はいりません。ここには、障がいをプラス要素に変えられる、仕事に集中できる環境があります。迷わずに飛び込んでください!

応募者へのひとことメッセージ

事業内容はこちら