HOME»  事業内容»  グループ障がい者 雇用推進室

事業内容

本社部門 グループ障がい者雇用推進室

事業説明

事業説明

グループ障がい者雇用推進室は、ANAとANAウィングフェローズ・ヴイ王子の両社に属し、ANAグループ全体の障がい者雇用の推進に取り組んでいます。グループ方針の企画立案や障がい者雇用の理解促進のための活動を行っています。

グループ全体の活動と各社の積極的な取り組みにより、グループ全32社※が2016年度「障害者雇用状況報告」において法定雇用率2.0%を達成。さらには2018年度に現在の法定雇用率を上回る2.4%の達成を目指しています。障がい者雇用を進めていく上で、ただ採用活動に力を入れるだけでなく、入社後に仕事のやりがいや働きやすさを実感してもらうことを大切にしています。

2015年、グループ全社の人事担当者と、障がいのある社員50余名で議論を重ね、ANAグループ障がい者雇用に関わる行動規範「3万6千人のスタート」を策定し、パンフレット・動画・携帯用カード・eラーニング等を活用してグループ全社員の理解を促進しました。この行動規範を基盤として、障がいのある人もない人も全ての社員が大切な仕事を担う存在として必要とされ、生き生きとやりがいを持ち、活躍できる機会のある「グループ風土のユニバーサルデザイン化」を推進していきます。

※障がい者雇用の義務があり、ANAホールディングス直接出資の連結決算対象の会社。

業務紹介

グループ障がい者雇用推進室では、ANAグループ全体の障がい者雇用促進のため、グループ各社に対する 「リード&サポート」、障がい者への「サポート」の充実、及び行政・支援機関との「ネットワーク」の強化を図っています。

●主な業務内容
・グループ各社の障がい者雇用状況のとりまとめ
・グループにおける採用活動の共有化
・グループ新任人事担当者研修の実施
・グループ新任管理職研修の実施
・グループ合同面接会(東京・大阪)の企画・催行
・グループ担当者会議の企画・催行
 

業務紹介

ANAグループにおける障がい者雇用に関わる行動規範『3万6千人のスタート』

私たちANAグループ各社は、障がい者雇用を法律で定められているからではなく、社会的公器の自然な責任として、更にはグループを支える貴重な戦力の確保と考えています。
そのために、グループの全社員が「障がい」とその多様性を正しく理解します。そして、共に働く仲間の強みを生かし、誰もが自信と誇りを持って働き、ひとりひとりが輝く、活力のある企業グループを目指し、以下を実践します。

● 私たち全ての社員は、障がいに起因する働く上での不便さを解消するよう最大限の努力をします。
● 私たちは互いに向き合い、個を尊重します。障がいをもつ社員は、自分の障がいにとって必要なサポートを周囲に伝え、理解を得られるよう働きかけます。
● 私たちは「出来ないことではなく、出来ること」に着目し、無限の可能性を追求します。
● ANAグループは、障がいのあるなしに関わらず事業の発展に必要な戦力として、すべての社員に活躍の機会を提供します。

ANAグループにおける障がい者雇用に関わる行動規範『3万6千人のスタート』