HOME»  社員紹介»  ANA青島ファクトリー 熊谷亮

2009年2月入社 ANA青島ファクトリー 熊谷亮

入社のきっかけ

社員の皆さんの生き生きとした表情

元々腎機能に障害があり、将来透析となることを見据え、体に負担のかからない仕事を探していました。ただ、「楽な仕事」に逃げる事だけは嫌だったので、透析をやりながらでも、やりがいを持って働ける職場を希望していました。合同面接会で会社のパンフレットを見た時、そこに登場していた社員の皆さんの生き生きとした表情に惹かれ、何か普通の特例子会社とは違うものを感じ、応募を決断しました。

入社してから担当してきた仕事

入社してから担当してきた仕事

AMCの配属から新規事業開拓へ

入社時はANAマイレージクラブサービスセンターに所属していました。マイレージの登録やお客様情報の更新などの業務を経験した後、教育計画、生産管理といった部署全体を円滑に運営していく業務の担当となりました。また、採用面接や会社説明会など様々な業務を経験させて頂きました。

2015年末より宮崎での新規事業立ち上げに携わるようになり、2016年6月には拠点も羽田空港から宮崎県の青島に移りました。様々な困難を乗り越え、10月に無事ANA青島ファクトリーとして開所式を迎えられたときは、本当に感動しました。これまでと全く違う環境で、戸惑うことも多いですが、新規事業開拓の一端を任せて頂いているという責任を胸に、事業を軌道に乗せていくために常に前を向いて仕事に臨んでいます。

会社のここが好き!

挑戦するためのフィールドへ

本人のやる気次第で、色々な事に挑戦できるところです。私は、何か新しいものを作るという事が好きで、手漉き紙製のポストカードや名刺の作成はまさに天職であるように感じます。また、会社のパンフレットや社員向けハンドブックのデザインをさせて頂いたり、ANAのホームページにキャンペーン用の挿絵を載せて頂いたこともありました。「こんな事に挑戦したい!」という熱意を受け入れ、挑戦するためのフィールドへと導いてくれる雰囲気があります。

会社のここが好き!

職場以外の自分について(趣味など)

休日は飛行機で国内旅行

国内旅行が趣味です。メジャーな観光地よりも、「到達証明書」が発行されるくらいの僻地に魅力を感じます。休日にはANAの飛行機に乗り、日本中を飛び回っています。

応募者へのひとことメッセージ

挑戦する価値のある会社

ANAウィングフェローズ・ヴイ王子は、お互いの苦手をフォローし合い、それぞれが持つ強みや特性を生かし、みんなで協力し合いながら業務を遂行してゆく。そんな会社です。「安心」と「チャレンジ」を両立している会社。やりがいを持って取り組める仕事が、ここにはきっとあります。

応募者へのひとことメッセージ

事業内容はこちら